TOPページ > 添乗員の独り言 > 城崎温泉外湯めぐり
『御所の湯レポート』

 7つの外湯の中で一番最近(2005年7月)リニューアルオープンした「御所の湯」に入ってきた。
今回の宿泊場所は温泉街中心部にある純和風旅館“泉都”。「御所の湯」は道を挟んで目の前だ。
女将さんが「うちのお風呂です」と冗談を言っていた。
 今建物がある場所は以前町役場があった所。豊岡市との合併で役場が移転したので
以前あった“西村屋本館”の隣から移って来たのだそうだ。

 一瞬お寺?と見間違うような外観だが、のれんがかかっているので外湯と分る。
中に入ってみるとさすがにきれいで天井も高く豪華な感じだった。
 お風呂は、大きな岩風呂の半分が屋内にあるという感じで、内湯と露天風呂はつながっていた。
その中に“深っけえ湯”という水深110cmの場所があり、お湯が胸の辺りまでくる。
ちょうど背中の辺りからお湯が噴き出していて、思わずそれを肩に当てた。ウォーきもちえ〜。
 ガラス張りのミストサウナは足元にもお湯が張ってありすぐに体がぽかぽかしてくる。
 また、大理石で出来た背もたれのついた長椅子があり、上からお湯が流れていた。
座るとじんわりと背中からお尻が暖まる、これも良い。

 気がつくと“仰げば尊し”の音楽が流れてきた。時計を見ると22:50。
営業時間は23:00までなので急いで上がった。

今回は入って左側の浴場だった。日によって入れ替わるようだ。
入浴料は旅館に泊まらない人は800円。宿泊者は入浴券でタダ!ちょっと得した気分。
旧城崎町に住民票がある人は、入浴料が100円と聞いた。少しうらやましかった。

2006/08/23 H

≪リンク≫
城崎温泉観光協会 http://www.kinosaki-spa.gr.jp/
城崎温泉旅館協同組合 http://www.kinosaki-web.com/

たのしい旅のお手伝い...ユアーズエージェント