TOPページ > 添乗員の独り言 > 「トリビアの泉」京都編

『恋占いの石』

 “清水の舞台”で有名な清水寺の本堂を過ぎ鳥居のある階段を上ると
そこが縁結びの神様、地主(じしゅ)神社。狭い境内に若い人ががたくさんいました。
 立て札には、
「ご本殿前の左右にある守護石で両目をとじて反対側の
石にたどりつくことができれば恋の願いがかなうという。
一度でできれば願いも早くかない、できなければ願いが
かなうのも遅れるという。また友人などのアドバイスをうける
と願いを成就するにも人の助けがいるという。
 世界文化遺産 京都地主神社」
 と書いてありました。
地主神社恋占いの石